ZEHとは? 定義やメリットを簡単に分かりやすく紹介

太陽光発電の普及とともに「ZEH(ゼッチ)」が話題を集めるようになってきました。ZEHについては、環境に優しい住宅であるということは何となくイメージすることはできるけれど、細かな定義までは分からないという方も多いようです。
今回は、国も積極的に導入を推奨している「ZEH」について、その定義やメリットを簡単に分かりやすく紹介していきます。

  1. ZEHとは
  2. ZEHが注目されるわけ
  3. ZEHのメリット・デメリット

ZEHとは

料理をするとき、お風呂に入るとき、日が落ちてから電気をつけたり、スマホを充電したり…。私たちは日々の生活のなかでさまざまなエネルギーを消費しています。その消費量をさまざまな方法によってゼロにしようというのが「ZEH(ゼッチ)」です。

「ZEH(ゼッチ)」というのは、「Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の略称で、簡単にいえば「省エネ住宅」を上回るより優れた住宅の概念を意味します。「ZEH」は国が積極的に推進している取り組みでもあるため、条件を満たしていれば補助金を受け取ることも可能です。では、具体的に「ZEH」とはどのような住宅を指すのかを見ていきましょう。主な定義としては、以下の3つが挙げられます。

省エネ

省エネというのは「エネルギー消費が少ない」ということ。具体的には、日々の生活で使用する冷暖房や給湯、電化製品などの消費エネルギーを抑えるという意味です。

例えば、電力消費量の大きい冷蔵庫やエアコンなどを購入する際にも、できるだけ省エネ対応のものを選ぶなどの工夫をして、消費エネルギーを削減します。気密性の高い窓サッシやドア、熱効率の高い給湯システムを導入も効果的です。「ZEH」では、空調、照明、給湯、換気の4つの機器で、一次消費エネルギーを従来よりも20%以上削減することを求めています。

創エネ

「創エネ」はその名の通り、「エネルギーをつくり出す」ということ。具体的には、太陽光発電システムなどを導入して、家庭で消費する電力を家庭で作り出します。日常のエネルギーをまかなうだけでなく、災害時のエネルギーの補充としても役立ちます。

断熱

壁や屋根など外気と接する部分に断熱材を施工することで、室内と室外の熱の移動を減らします。

上記の定義を満たすことによって、「作り出すエネルギーが消費エネルギーを上回る住宅」を目指します。断熱性能は「UA値(外皮平均熱貫流率)」という指標で表されていて、ZEHではUA値が0.4〜0.6(W/㎡k)以下であることを基準として定めています。

ZEHが注目されるわけ

日本政府は「2020年には新築住宅のうち半数程度がZEHになること」、「2030年には新築住宅のうちそのほとんどがZEHになること」という2つの目標を掲げていて、現状では補助金を支給するなどZEHの推進に力を入れています。なぜ日本政府がここまでZEHの普及に積極的なのかというと、その背景には日本が抱えている深刻なエネルギー問題が影響していると考えられています。

経済産業省によると2016年度の日本のエネルギー自給率は8.3%で、これは他のOECD(経済協力開発機構)諸国と比べて大幅に低い水準となります。これまで国内のエネルギー事情は比較的安定していると思われていましたが、2011年に東日本大震災が発生したことにより原子力発電所が停止した影響で、エネルギー供給が不安定化してしまいました。

現在、国内で消費されているエネルギーのうち全体の約15%が家庭での消費で、この数字は過去に起きた石油危機の際のおよそ2倍の消費量だといわれています。つまり、日本は現在深刻なエネルギー問題の渦中にいるといっても過言ではありません。

こうした背景が影響して、それぞれの家庭がエネルギー消費を見直し、省エネ化に取り組むことの重要性が改めて指摘されるようになったというわけです。

ZEHのメリット・デメリット

これから家を新築する場合、ZEHにすることでどのようなメリットとデメリットがあるのかを考えてみましょう。

まずメリットとしては、太陽光発電システムを導入し、家庭で発電した電力を自家消費することで、光熱費が抑えられるということが挙げられます。太陽光発電システムと蓄電池を併用すれば、日々の生活に必要な電力だけでなく、災害時の非常用電力を確保することも可能です。

また、断熱性を高めることで室内の温度を一定に保つことができるため、冬場の部屋ごとの温度差によって起こるヒートショックのリスクを軽減することもできます。ZEHの条件を満たしていれば補助金をもらうことも可能です。

設備を整えるための初期費用がかかること、維持費やリフォーム時の費用が高くなる可能性があることといったデメリットもありますが、省エネに特化したZEH住宅は一般的に住宅の資産価値も高くなるため、総合的に見ればメリットの方が大きいでしょう。

ZEHは光熱費の削減や住宅の資産価値向上だけでなく、地球に優しく健康にも優しいという長期的な面でのメリットもたくさんあります。マイホームを新築する際や改築する際には、ぜひ上記の内容を参考にした上で、ZEHの導入を検討してみてください。

「蓄電池の基礎知識」に関する記事一覧

単機能型とは何が違う? ハイブリッド型の蓄電池とは

単機能型とは何が違う? ハイブリッド型の蓄電池とは

大型台風の直撃による大規模停電が多数発生している近年では、停電時でも電力を確保することができる家庭用蓄電池のニーズが急速に高まっています。そこで今回は、次世代の...

詳細はこちら

電気自動車の蓄電池を有効活用するV2Hとは?

電気自動車の蓄電池を有効活用するV2Hとは?

「V2H」は、車は移動のために利用するものであるという私たちの常識を変えました。V2Hには「クルマから家へ」という意味があり、電気自動車で蓄えたエネルギーを家庭...

詳細はこちら

家庭用蓄電池の寿命と長く使うためのコツ

家庭用蓄電池の寿命と長く使うためのコツ

太陽光発電システムとの併用などで導入されることの多い家庭用蓄電池は消耗品といえ、やがて寿命がやってきます。その耐用年数はどれくらいなのでしょうか。また寿命を伸ば...

詳細はこちら

蓄電池の設置場所はどこが適切?

蓄電池の設置場所はどこが適切?

太陽光発電システムと併用されることも多い家庭用蓄電池ですが、意外にサイズが大きく、重量もあります。設置にあたっては当然工事が可能なスペースが必要ですが、同時にメ...

詳細はこちら

容量や出力の目安は? 蓄電池の選び方

容量や出力の目安は? 蓄電池の選び方

家庭用蓄電池の容量と出力は、何のために家庭内で蓄電池を使うのかという目的によって決めなくてはなりません。その他のスペックや機能についても、やはり蓄電池の利用目的...

詳細はこちら

どうやって電気をためるの? 蓄電池の仕組み

どうやって電気をためるの? 蓄電池の仕組み

家庭用蓄電池を導入し、電気を賢く活用する人が増えています。そもそも蓄電池とは二次電池と呼ばれる化学電池のことで、スマートフォンに使われているバッテリーなども同じ...

詳細はこちら

何が違うの? 家庭用蓄電池の種類

何が違うの? 家庭用蓄電池の種類

災害などによる停電時のバックアップ電源の確保、通常時の太陽光発電との併用などを考え、「家庭用蓄電池」を導入する家庭が増えています。しかし、家庭用蓄電池には多くの...

詳細はこちら

太陽光発電で蓄電池を導入するメリット

太陽光発電で蓄電池を導入するメリット

「家庭用蓄電池」を有効に活用している一般家庭が増えています。とくに太陽光発電システムと併用することで、蓄電池は私たちの生活にさまざまなメリットをもたらしてくれま...

詳細はこちら